top of page
  • 執筆者の写真亮 椎名

サトラレ

みなさん、こんにちは。椎名です。

今日は私が過去に描いた絵を載せてみたいと思います。

こちらの絵はとある漫画のキャラクターを描いてみた絵・・というよりは模写になります。

そのとある漫画とは佐藤マコトさん原作「サトラレ」です。

この絵を描いたのは2001年なので、実に17年も前の漫画となります。 ご存知の方いますでしょうか??

サトラレのあらすじはこちら(Wikipediaより)

「サトラレ」とは、あらゆる思考が思念波となって周囲に伝播してしまう症状を示す架空の病名またはその患者をさす。正式名称は「先天性R型脳梁変成症」。サトラレは、例外なく国益に関わるほどの天才であるが、本人に告知すれば全ての思考を周囲に知られる苦痛から精神崩壊を招いてしまうため、日本ではサトラレ対策委員会なる組織が保護している、というのが物語の基本構造となっている。 2001年には映画化された(監督:本広克行、出演:安藤政信、鈴木京香)ほか、2002年にはテレビ朝日・木曜ドラマでテレビドラマ化(主演:鶴田真由、オダギリジョー)もされた。

私はこの漫画の中に登場する人たちの優しさや悲しさが好きでした。 特にサトラレである事を自覚して一人孤島に住んでいる白木の独白のシーンには泣けましたね。

で、絵のキャラクターは誰かというと、その「サトラレ」の中で「日本で最初に確認されたサトラレ・椎名由紀」というキャラクターになります。

漫画「サトラレ」が好きで、さらに自分と同じ「椎名」という姓だったので「絵に描いてみようかな」と思い 色鉛筆でサッと描いてみた絵になります。しっかりと描き込む絵も好きですが、私は結構漫画が好きなのでこういう絵も好きだったりします。

好みはあるかと思いますが、今読み返しても良い漫画だと思っているので このブログを読んで気になった方は良かったら読んでみてくださいね。

閲覧数:0回

最新記事

すべて表示
bottom of page