top of page
  • 執筆者の写真亮 椎名

整体とオイルのどちらを受ければいいですか?その2




では、続きです。



まとめると、



【整体】


◎体重をかけた垂直圧で深い部分まで圧が届きやすい

◎着衣なので気兼ねなく受けられる。

◎ストレッチや体を動かす施術を行いやすい

◎骨盤矯正・姿勢矯正などのバランス改善がしやすい

◎首肩こり・腰痛などの辛い個所・疲れ・こりがはっきりしている人に向いている



【オイルリンパ】


◎体を動かす施術はしにくい

◎むくみ・むくみからくる冷えの解消に向いている

◎精油の心地良い香りや精油の持つ効果・効能で気分の落ち込みなどを転換できる

◎オイル成分によって肌に張りとツヤを与える

◎肌に直接触れられることによるリラクゼーション効果が高い

◎気分の落ち込みや精神面の疲れからくる全体の重だるさ・疲労感を感じている人に向いている


・・などになるでしょうか。



では、定期的に当店のオイルリンパを受けているT様はどうなのかと言うと、

T様は「オイル施術を受け慣れている」のと

「疲れはあるけどケアもしてきているので、今現在そこまでの不調はない」という方でした。


T様はこう言っていました。

「仕事で疲れて『静かにゆっくり眠りたいな』とか『リラックスしたい』と思った時にオイルは受けるようにしています。身体も楽になりますけど、オイルの施術ってどこか自分へのご褒美としての『嗜好品』みたいな意味合いもありますよね」と。


この「嗜好品」という言葉はオイルの施術においては、

受け慣れている方なら納得して頂ける言葉ではないかと思います。


オイルの施術は受けたことがなくても、足裏リフレクソロジーなどを受けた方でも感覚的にわかるものはあるかもしれません。


オイルを介して触れられることによる滑らかな感触、人の手で丁寧に流されることによる幸福感、アロマによる心地良い香り、施術後も残る肌からのアロマの香り、オイルによる肌のしっとり感・・・


そうしたものは整体とはまた違う、オイルならではの素晴らしい魅力と思います。

「まさにリラクゼーション」という気にもなりますし、さらには疲労感を流されたスッキリさもあります。デコルテまわりを流されて小顔になっていたりの嬉しい特典?もあります。


ですから、T様の言う「嗜好品」としてオイルを受ける・・というのも

おおいにありかなと思ったりします。




(文字数の関係でその3に続きます)




閲覧数:9回

Comments


bottom of page